地面を掘っている犬を見ると、何か隠しものがあるのかなと感じてしまいます。何かを埋めたり、掘り起こしたりしているような気もします。けれど、犬というのは物を土に埋める習性というのがないそうです。犬が土を掘っているのは、熱くなった土の表面を掘って、ひんやりとした土で涼むためなのだそうです。日本の犬である柴犬は日本の四季に順応しているそうです。そのため、本能的に穴を掘ったりするそうです。室内で穴を掘る仕草をする子は、衝動を発散するためなのだそうです。しっぽを追いかけるのと同じだそうです。柴犬が楽しそうだからと飼い主さんは決して同じテンションにならないようにしてほしいそうです。嬉しすぎて本能が先立ち噛み付いたりするそうです。何かで興奮しながら遊んでいたら、おやつなんかと交換してあげて落ち着かせる必要があるそうです。犬がお留守番ができないのは食事を調節できないからだそうです。犬は与えられたらモノは全部食べるという食欲全開の男の子のような習性があるそうです。犬は満腹中枢が少し弱いそうです。猫なんかの場合は、キャットフードを皿いっぱいについだとしても、お腹いっぱいなら食べないし、自分で調節しながら少しずつ食べたりするそうです。犬の方は基本的には与えられたものは一気に食う、という感じだそうです。吐いてでも食べるということで飼い主さんの方で気をつけてあげないといけないようです。犬の食欲はどうすれば満たされるのかと、答えは回数だそうです。同じ量のドッグフードでも、一気にあげるより、小分けにして与えるほうが、犬は何倍にも満足を感じるそうです。犬にとっては食で大切なのは質より量、量より回数といえるそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です