日本社会でのペットブームの波の中、犬や猫たちとの暮らしに癒しや楽しみを覚え、かけがえのないパートナーとしての存在を感じる人々もいれば、命ある生き物との暮らしを自ら放棄してしまう飼い主さんたちが後を絶たない事も確かな事のようです。犬や猫に限らず、様々な生物の飼育に困った飼い主さんが、無責任にもペットたちを公園や空き地に放置していくような行為が、後の社会秩序を乱す行為として問題視されてしまうような出来ごとに発展しているケースもあります。また、そのようなペットに関する社会問題をサポートする人々がいる事も確かな事柄でもあります。本来ならば、最期まで、飼い主さんの責任の元に飼育されるべきであった動物たちが、社会環境に放置される中、保護活動を試みる人々がいるのです。もし、皆さんがペットの飼育に悩みをもった際には、様々な相談窓口がある事を忘れないで下さい。もちろん、生き物を飼育する上で、相当な覚悟が必要な事は確かな事ではありますが、様々な事情をもってペットの飼育を断念しなくてはならない人々もいる事は確かな事です。ペットを迎え入れる際には、最期まで飼い主としての責任を果たす覚悟は必要ですが、何かしらの壁に直面してしまったような場合には、必ずサポートしてくれる人々がいるという認識をきちんともちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です