仔犬がお散歩に出る前には、ルールとして1回目のワクチンを終了している必要があります。感染症の伝染を防ぐ為には、お散歩のデビュー前に愛犬の予防接種が必要です。実際にお散歩にトライする前に、ハーネスを初めてつける仔犬たちの為に、室内でハーネスの練習を行っておくと良いでしょう。ハーネスに慣れはじめたら、リードを取り着け、愛犬とアイコンタクトを取りながら歩く訓練を行います。最初の頃は、お互いに息が合わず、滑稽なお散歩スタイルになるかもしれませんが、まずは、許容範囲内で仔犬を自由に歩かせてあげましょう。無理にリードを引っ張り、方向転換させようとすると、お散歩する事自体に嫌なイメージが出来てしまうので、除々に、アイコンタクトを取りながら、お互いの歩くペースを合わせていくようにします。初めてのお散歩の前に、飼い主さんが抱っこしながら、お散歩コースを巡る事で、屋外の様子にスムーズに慣れ親しんでいくかもしれません。奥がいの匂いや、室内とは異なる景色、風や街の騒音などに、触れる事は、仔犬ちにとっての脳の活性化につながり、日光浴をすることもビタミンDを体内に作成する上で重要な日課となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です